藤浪勇士 作
各画像をクリックすると拡大画像になります
=拡大画像をクリックすると、この画像に戻ります= 
 
子安観音:伊勢街道沿いの子宝の名高い
観音様です。古い参道と建物に苦心しました。
 
由布島の水牛車:南海諸島の青い海に
ゆっくりと流れる時を水牛車で描きました。
 
棚田:近場に少ない棚田、収穫の終わった
秋の風景を昔を思い出しながら、刈取った稲を
干すハザカケや稲株,茅葺の民家などを加えて、
のどかな田舎を描きました。

三段峡:沢を延々と歩き現れる奇岩と澄切った
川面、重なる奇岩と色づいた木々に苦労しながら
描きました。
 

角島大橋:白い砂浜、エメラルドグリーンの海
をまたぐ白い大橋の
曲線美と行交う船の
航跡を描きました。
 
盆梅:親の代から受け継いで、丹精こめられた
盆梅の生(生きる)に対する力強さを感じて、
スポット表現を加えて描きました。
 
渓谷の秋:鈴鹿川源流の深まる秋の渓谷、
岩間に澄んだ水が流れ両岸に垂れる紅葉の
自然美に感動し描きました。

三島池と伊吹山:伊吹山から湧き出る清水を
浴びて乱舞する三島池の鴨たちを描きました。

 晩秋の湖上:様々な色に進み行く秋景色の
山々を映す湖に船を出して時を忘れた悠長な
雰囲気を描きました。
 
水平線上に沈みゆく夕日と赤く染まった雲の輝きを
描きました
 大山寺 深々とした紅葉の山中に建つ山門を描く
赤い夕陽に白く蘇った白鷺城と
満開の桜が咲き競う風景を描きました
 
夕陽の美しい宍道湖で、美しい朝焼けの中、名物のシジミを
懸命に採る漁師の姿を逆行に描きました


風物詩でもある朝市 年輪を重ねた老女が乾物や
魚を片手に楽しく客に応対している様を描きました

谷汲山華厳寺
西国33番札所の深々と広い境内の秋の深まりを
告げる木々の紅葉を描く
 春の田園

 
佐渡の海
 

教室作品検索へ      トップページへ戻る