紀平とし子 作
各画像をクリックすると拡大画像になります
=拡大画像をクリックすると、この画像に戻ります=
 

白川郷:実る稲穂、かわいいVサインの案山子が
気に入り描きました。特に空の表現に苦労しました。
 
錦帯橋:春爛漫、満開の桜が錦帯橋をほんのり包んで
いる姿と遠くにそびえる姫路城をイメージして描きました。

平等院:五月咲くしっとりとした風景と羽を広げた鳳凰の
館を細かい筆使いに苦労しながら描きました。

東京スカイツリー:浅草寺とビル群を合わせ古今の姿に、
広い空の動きある躍動感と希望に膨らませる姿を
イメージして描きました。
 
秋の貴船:夏の貴船を燃える素敵な秋に変更!
額を女性らしい色合いと優雅な模様に描きました。

バラの共演:美しく咲き誇るバラの勇気と希望を描きました。
波形の額は始めての挑戦でお気に入りです。
 
保育園運動会:はじめて見る鼓笛隊にはしゃいでいる
孫とおじいを人の表情に苦心しながら描きました。
 
桜満開の上天気:山車を引く男衆の顔の
表情に苦心しながら描きました。
 

国の重文である庭園越しに眺めた豪壮な邸宅を
創建当時の面影をイメージしながら描きました。


世界遺産に登録された富士山:色相彩度を使って
朝焼けに変化させ、動きある雲海の雄大さを表現し描きました
 

妻籠宿 夕暮れ時雨で濡れた道に宿のランプが映り
なんとも幻想的風景に惚れ、額は金色で明るく
自慢の作品です

 
昭和の時代マユを運んだ「メガネ橋」を想像し、
勢いよく立ち上がるSL列車の煙りに苦労しながら
描きました。
 
初めての相撲観戦 力士がぶつかり合う響きに
迫力満点、額縁の綱で一体感を盛上げ描きました
 
やんちゃ盛りの孫たちに目を回す毎日、大好きな
金魚すくいに夢中なひと時、ホット一息つく
 
ヒーサーの森 赤松群衆
人と自然の絆を感じ、心癒される森、太い赤松と
里山の明暗に苦労し描きました

 神戸港
 
虹色の神戸港
 

教室作品検索へ       トップページへ戻る